IT資産・コスト・契約をライフサイクルで管理する
クラウドソリューション SAMaaS

    SAMaaSの情報を載せた簡易資料をダウンロードできます。
    ※お客様の情報を入力していただく必要はありません。

IT資産管理のベストプラクティス

SAMaaSは資産のライフサイクル全般にわたる効果的なIT資産管理を支援するパッケージです。
全社最適・グループ最適の視点での最適化に向けた改善を促進し、経営に貢献するIT資産管理が実現できます。
サーバ・ディスク・N/W機器、クライアントPC・タブレット等様々に使用できます。

エクサの強み

  • 標準的な管理項目(ベストプラクティス)が予め設定済み
    SAM基準*をベースにこれまでの経験・実績から標準的な管理項目を予め設定しています
  • 多角的な視点にてIT資産に関する情報の把握が可能
    経営者の視点  :(コスト+ガバナンス・リスクマネジメント・コンプライアンスの視点)
    管理責任者の視点:(ステータス+ユーザー・デパートメント・ロケーションの視点)
  • 利便性を高めるSAMaaSユーティリティ
    データ編集の利便性を高めるアップロード&ダウンロード機能を提供します
  • 物理棚卸し機能とIT資産管理機能が一体化
    現物棚卸し機能はバーコード/QRコード/RFIDに対応したハンディターミナルを利用することで、棚卸し業務の正確性・効率性を格段に向上させます
  • インベントリ情報や外部情報との連携が可能
    ソフトウェア情報や機器設定情報などインベントリ情報の連携・取り込みが可能、外部情報との連携や台帳データの維持管理が簡単に行えます

SAMaaS導入のメリット

  • 手間いらずの導入
    • SAMaaSはお客様のご要望に合わせて、クラウドサービス型・オンプレミス型が選択できます
    • クラウドサービス型はお客様専用の環境を用意します。セキュリティ対策も施していますので、安心してお使いいただけます
    • オンプレミス型でも導入はエクサが行いますので、お客様は利用ガイダンスで使い方を確認するだけで開始できます
  • 素早い立ち上げ
    • SAMaaSでIT資産管理を進めるには、資産データを投入するだけです
    • 既存データの取り込みもSAMaaSユーティリティを使えば素早くインポートできます
    • SAMaaSユーティリティでH/WやS/W、契約、利用情報の関連付けも簡単にできます
  • 見える化
    • ダッシュボードが用意されているので、データを投入するだけで「見える化」が実現します
    • IT資産管理データはエクセルやCSV形式でダウンロードすることで、お好みのレポートが作成できます
  • 利用者起点のユーティリティ
    • 組織変更や大量データの編集もSAMaaSユーティリティを使えば、簡単に対応できます
    • ユーザー権限の制御やマスター更新も専用機能が用意されているので、お客様自身で簡単に設定ができます
  • 現物棚卸し機能との一体性
    • SAMaaSの現物棚卸し機能を利用することで、棚卸し作業の負荷・工数の軽減やIT資産台帳の正確性向上・最新化が実現できます

概要図

SAMaaSにはIT資産管理台帳機能、現物棚卸し機能及び連携機能、インベントリ収集情報連携機能、IT資産の状態を直感的に把握できるダッシュボード・分析レポート、各種システムとの連携機能が備わっています。

お客様の声

  • 無駄な支出の削減
    • 保守切れや営業終了情報を記録することにより、製品ライフサイクルを踏まえたシステム計画の策定が可能となった(電気・ガス業 A社様)
    • IT機器の利用実態に合わせた契約内容の変更を実施できた(電気・ガス業 A社様)
  • 業務の効率化
    • 現物棚卸し結果の減価償却明細表への反映が可能になった(SIer B社様)
  • 利用実態の把握
    • 複数のPCインベントリ収集データを集約することで、管理対象全体の利用情報の把握が実現できた(サービス業 D社様)

基本機能、オプションメニュー

SAMaaSは基本機能とオプションメニューで構成されます。
これらベースから機能拡張をすることで、IT全体の統合管理ツールとして利用できます。

権限制御、インシデント・問題管理、変更管理、ワークフロー、不具合・作業管理、他システムとの連携、管理画面・ダッシュボード・レポートのカスタマイズ機能等のオプションメニューも充実しています。

SAMaaSをお勧めするポイント

IT資産情報の一元管理が可能

ソフトウェア資産管理基準(SAM基準)の4つのIT資産管理台帳や契約情報台帳、IT資産管理項目等を予めテンプレートとして準備しています。
お客様での自社開発に比べて短期間でのIT資産管理システムを構築することができます。
IT資産情報の一元管理が出来、構成アイテムの関連性も含め、最新性・正確性の確保に役立ちます。

IT資産に関する4つの視点×2が一目で見てわかる2つのダッシュボード

SAMaaSは、マネジメント層から管理者担当者まで多角的な視点でのIT資産に関する情報を「見える化」することで、様々な項目に関する状況報告が可能です

マネジメント層視点IT資産管理者視点
マネジメント層の関心からの"見える化"の要求に答えるマネジメントダッシュボード 利用状態の把握や改善の視点からの"見える化"を支えるオペレーションダッシュボード

所有と利用のギャップを明確にする差分分析レポート

機能紹介動画

SAMaaS現物棚卸し機能の利用方法を確かめる Before-After

SAMaaS現物棚卸し

SAMaaS現物棚卸し機能の画面を確かめる

現物棚卸しの結果、
現物と台帳とが一致した場合
現物棚卸しの結果、
現物と台帳との間に差異が生じた場合
SAMaaS現物棚卸し画面デモ(差異なし) SAMaaS現物棚卸し画面デモ(差異あり)

経営に貢献するIT資産管理とは

IT資産の利用状況・所有状況の正確な情報管理

複数の部署に跨る情報を一元化することで、コスト削減と業務効率化を実現し得る仕組みです

経営に貢献するIT資産管理

現状を正確に把握するIT資産管理台帳

IT資産台帳と物理情報(現物棚卸し)/論理情報(インベントリ情報)とを突合することで、管理台帳(あるべき姿)と実態の差異を検出し、利用状況の改善と台帳の最新化を行ないます。
この利用情報を反映したIT資産台帳を基に、調達・契約情報、固定資産情報との突合・比較を実施します。
これにより、調達先の改善、契約内容の改善、固定資産情報の改善、会計処理の改善に取り組むことが出来ます。
更にはITコストの最適化・ITリスク回避の最適化を推進することが可能になります。

IT資産管理の3つのステージ・進め方

IT資産管理の現状は、どこまで達成されていますか?
求められているIT資産管理はどこのステージまでですか?

ステージ1:IT資産台帳の正確性・最新性の確保
  • IT資産台帳の正確性・最新性が確立されている
  • 現物の棚卸し状況がIT資産台帳に反映されている

ステージ2:IT資産と契約の関連付け
  • IT資産と契約が関連付けされている
  • 最適な調達先を選択する仕組みが運営されている

ステージ3:IT資産・契約・固定資産との連動
  • IT資産・契約・固定資産(減価償却)と連動がとれている
  • IT資産を将来のシステム変更計画の立案に利用できる

SAMaaSを利用することで、IT資産管理業務に求められるさまざまな情報をシームレスに確認することができ、全社・グループの視点での最適化に向けた改善を促進することができます。

電気・ガス業 A社様

導入内容

  • DC資産の現物棚卸し
  • IT資産台帳管理項目(利用情報)の最新化
  • 保守契約情報とIT資産情報との連携・一元管理
  • リース・レンタル契約情報とIT資産情報との連携・一元管理
  • 負担区分情報とIT資産情報との連携・一元化

主な効果

  • IT資産台帳の最新性・正確性の向上
  • IT機器の利用実態に合わせた契約内容の変更を実施した
    • 無駄な支出の削減
  • お客様及びベンダー間での機器管理番号をベースとした情報のやり取りとなった
    • 齟齬・不一致の減少
  • 保守切れや営業終了情報を記録することにより、製品ライフサイクルを踏まえたシステム計画の策定が可能となった
    • 無駄な支出の削減
  • 障害発生時にハードウェア情報から影響アプリケーションの特定ができるようになった
    • サービスレベルの向上
  • アプリケーション情報から関連ハードウェアの特定が早くなった
    • 障害対応着手時間の早期化
  • H/W・S/W・調達先の関連付け・分析から最適な調達先の選定を実施した
    • 無駄な支出の削減
  • 負担区分別のIT費用を把握し、計画策定の迅速化と、計画・実績の対比を把握し、システム投資効果の分析が実施できた

今後の展開

  • 資産データ入力ルールの変更
  • 会計システムとの連携
  • ベンダーコントロールの推進
  • ソフトウェア管理・ライセンス管理へ拡張する
  • アプリケーション情報に費用負担区分情報を追加し、サービス単位でのコストサイクルを管理する
  • システム構成情報の追加(運用高度化)

SIer B社様

導入内容

  • クライアントPC・サーバー等、固定資産の現物棚卸し
  • IT資産台帳管理項目(利用情報)の最新化
  • インベントリ収集データとIT資産情報との連携・一元管理
  • 減価償却(固定資産)情報とIT資産情報との連携・一元管理

主な効果

  • IT資産台帳の最新性・正確性の向上
  • 現物棚卸しの効率化・正確性の向上
    • 棚卸し作業の工数・負荷の軽減、情報の正確性向上・結果収集及びレポート作成の省力化
  • 現物棚卸し結果の減価償却明細表への反映
    • 業務の効率化・正確な情報の更新
  • インベントリ収集データと利用情報等のハードウェア情報との連動
    • 社内ユース・社外持ち出し等、設置情報の把握

今後の展開

  • ソフトウェア管理・ライセンス管理へ拡張する
  • アプリケーション情報に費用負担区分情報を追加し、サービス単位でのコストサイクルを管理する
  • システム構成情報の追加(運用高度化)

サービス業 C社様

導入内容

  • 複数のPCインベントリ収集データの一元化・集約化
  • ハードウェア台帳とインベントリ収集情報の連携・一元管理

主な効果

  • 複数のPCインベントリ収集データを集約することで、管理対象全体の利用情報の把握が実現
    • 利用実態の把握・説明責任
  • 全社共通の管理指標での分析・評価の迅速化を実現
    • データ集約・分析・レポートの工数削減
  • インベントリ収集システム側に改修負荷なく、標準レポートを連携して実現
    • システム改修コストの低減

今後の展開

  • 管理指標・評価指標の追加
  • 経営レポートの追加・自動化
  • ユーザーの増加

このソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

tel0120-934-863平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く