ハイブリッドマイグレーション

ハイブリッドマイグレーション

マイグレーションの「迅速・安心」と、マイグレーション後の「スピード改革」を両立

こんなお悩みを解決

マイグレーション方式の悩み

  • リライトはコストが高い。
  • リホスト(コンバージョン)ではビジネスの変化に追随できず、投資意欲が湧かない。

マイグレーション後の効果への要望

  • 保守効率を上げたい。
  • 新しいサービスを迅速にリリースしたい。
  • 内製化に取り組みたい。

ご提案するソリューション

超高速 × リホスト = ハイブリッドマイグレーション

エクサでは、お客様のビジネス改革のスピード、情報化進度、開発基盤へのご要望を汲んで 最適なマイグレーション方式をご提案したいと考えてまいりました。今回、新たにご提案するのは、 超高速開発による「スピード改革」基盤とエクサの得意分野であるリホスト(ストレートコンバージョン)方式の「迅速・安心」な構築を取り入れた”いいとこ取り”のハイブリッドマイグレーションです 。

構築SI
コスト
保守運用
コスト
業務改善
スピード
特徴
リライト
  • 要件にあわせた業務改善が可能
  • 構築SIや改修にコストがかかる
リホスト
  • 単純移行で低コスト
  • 非互換機能は現行のまま
超高速
  • 開発言語の知識は不要で、業務改善に敏速に対応できる
  • 自動生成で低コストだが、バッチ開発は比較的コスト高
ハイブリッド
  • リホストと超高速開発の利点を生かした方式

コンセプト

「作らない開発」・・・プログラムレス&プログラム・リユース

業務改善が多いオンラインシステムを超高速開発ツールでプログラムレスに移行します。 バッチは、既存プログラムを有効活用しコンバージョンすることで、全体のコストを抑えます。

ターゲットシステム構成図

「作りすぎない開発」・・・開発・保守に必要な情報を合理的に管理・活用

超高速開発ツールは、システム設計情報をリポジトリDBに格納し、設計とプログラムの一致を図っています。ハイブリッドマイグレーションでは、開発工程で、現行システムから分析した業務シナリオやテスト仕様などの業務仕様情報もリポジトリDBに補完します。これにより、中間成果物の作りすぎを抑制するとともに、テストスクリプトの自動生成を行うなど生産性の向上を図ります。

ハイブリッドマイグレーションの情報活用イメージ

超高速開発の高生産性による保守→新規サービスへのシフト

システム保守担当者に、マイグレーションに参画していただくことによって、超高速開発ツールのスキル習得を支援します。マイグレーション後は、超高速開発により保守工数を削減し、新規サービスの開発にシフトしやすくなります。

業務仕様とシステム仕様の可視化によるサービス改善スピード改革

ハイブリッドマイグレーションによって、業務仕様のブラックボックス化を解決し、ナレッジの引継ぎを行います。また、超高速開発のプロト&スパイラルモデルにより、システムを早期に可視化でき、システム利用担当者とシステム開発担当者のコラボレーションを促進します。

Q&A

超高速開発とは?

開発工程を通して、スクラッチの3倍以上の生産性を持つといわれるツール群です。画面やプログラムの自動生成、ワークフローの自動生成、ビジネスルール管理、データ連携などツールによって特徴が異なります。

具体的に取り扱うツールは?

現在、サピエンス・ジャパン様と協業し、オールインワン型ルールエンジンであるSapiensによるマイグレーションを検討しているお客様に向けたソリューションを計画しています。

何故、バッチはコンバージョン?

現行ジョブネット、シェルフロー、プログラムは現行システムのものを再利用することで、構築費用を抑えることができます。また、ジョブ運用の変更によるテスト負荷、運用ご担当のトレーニング負荷を抑えることができます。超高速開発で開発にすることは可能ですが、構築費用はコンバージョンより高額になります。お客様の優先順に応じて、開発方式の立案をいたします。

このソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

tel0120-934-863平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く