ポータブル3Dレーザースキャナ
Creaform ハンディスキャナ

小型・高速・高精度。簡単な操作でサーフェスデータを取得

高精度ハンディスキャナ HandySCAN 3Dとは

HandySCAN 3Dは、Creaform社が開発した、小型ながら高速・高精度計測が可能な、ハンディ型の3Dレーザースキャナです。
屋外でも利用できるため、点検・保守、建設・建造の現場でもご利用頂けます。
対象物が振動しても精度が保障されるため、運転中の機器の側や、係留中の船舶内などでも高精度計測が可能です。

高精度ハンディスキャナ HandySCAN 3D

導入によるメリット
解決課題

いつでも、どこでも、誰でも使える、手持ち型の3Dレーザースキャナ

重量0.85kg、測定速度480,000頂点/秒、最大測定精度 0.030mmと、小型・高速・高精度のハンディスキャナです。
製品仕様は下表のとおりです。

HandySCAN 700™

重量 0.85 kg
寸法 L122 x W77 x H294 mm
測定速度 480,000頂点/秒
スキャン範囲 275 x 250 mm
光源 レーザークロス(7)+追加ライン(1)
レーザークラス II(目に安全)
分解能(x,y,x軸) 0.050 mm
精度 最大0.030 mm
容積精度 0.020 mm + 0.060 mm/m
スタンドオフ距離 300 mm
被写界深度 250 mm
被写界深度 被写界深度

操作が容易

  • 特殊な計測技術なしに利用できます。

スキャナ自身による位置認識が可能

  • 追加の外部機器なしに、スキャナ自身で位置認識が可能です。
    そのため、計測途中でスキャナを一旦停止して計測者が移動し、スキャナを回り込ませて計測を再開することもできます。
    狭い空間でも体勢や角度を変えながら計測を行うことができ、対象物の全体形状を取得できます。

計測状況をリアルタイムに確認可能

  • 計測状況を画面でリアルタイムに確認しながら計測可能です。
    計測結果は三角形ポリゴンメッシュ状態のサーフェス(物体の表面形状)データとなり、スキャナと連動するパソコンやタブレット画面に即座に表示されます。
    そのため、計測漏れが発生せず、確実に計測を行う事ができます。

屋外での利用も可能

  • HandySCAN 3Dは、実際に屋外での利用が盛んなスキャナです。
    フィールドパック(現場用の付属品セット)には、バッテリーパックから、スキャナを作業中に仮置きするマグネット式のサポート台まで、現実的な装備が含まれています。
屋外利用イメージ

多彩なCADデータ出力

  • 代表的なCADシステムに対応したデータ出力が可能です。

    サポートしているデータ形式は以下の通りです。
     .dae, .fbx, .ma, .obj, .ply, .stl, .txt, .wrl, .x3d, .x3dz, .zpr

成功実現の理由
エクサの強み

  • JFEグループで培った経験と知識
    エクサは旧NKK(日本鋼管)重工部門の流れを汲むシステムインテグレータです。
    エンジニアリングの現場知識や業務知識の豊富さと、CADや画像処理をはじめとする
    エンジニアリング関連システム構築技術を基に、豊富な実績と経験を有しています。
    また、設備や施設・機器の保全・点検業務およびシステムにも精通しており、3Dレーザー計測を取り入れた効率良い保全・点検業務をご支援しています。
  • 計測サービス、計測コンサルティングとの組み合わせ
    スキャナ、計測方法、データ処理技術など、最適な技術や製品を組み合わせてお客様の業務をご支援します。

活用分野(業種)

設備点検・保全 設備の変形検査等
配管やパイプラインの腐食検査
パイプライン腐食変形診断システム Pipecheck
リバースエンジニアリング 3Dスキャン結果からのCADデータ作成、メインテナンス、オーバーホール等
品質検査 設計データと実物の比較等

※ エクサでは、その他のCreaform社製品も取り扱っております。お問い合わせください。

このソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

tel0120-934-863平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く