連載コラム SCM最前線

SCM最前線

    消費財メーカーで実現!
    「面積原価管理」で商品のSCM効率を見える化


SCM最前線でご紹介したSCM評価指標「面積原価」の概要と消費財メーカーでの適用事例をご紹介。
※本資料は日刊工業新聞社「工場管理(2016年7月号)」の記事です。

連載目次

  • 第1回:格差が拡がるSCM [掲載日:2014.8.20]
    1. 『SCM最前線』 連載開始にあたって
    2. 各企業のSCM格差は歴然!さらに格差拡大へ…
    3. SCM達成度は範囲よりも質が重要
    4. SCM実践の道具は充実、しかし・・・
    5. SCMが進まない本当の理由
  • 第2回:SCM構築の必要性・目的を明確にすることの重要性 [掲載日:2014.10.27]
    1. 今さらなぜ「SCM構築の必要性・目的を明確化する重要性」を取り上げるのか?
    2. 日本の製造業におけるSCM効率は低く、日本こそSCM構築に全力を上げるべき
    3. SCM構築が進まない最大の理由:「SCM構築の必要性と目的」が曖昧
    4. SCMの目的が不明確な多くのプロジェクト
    5. そもそも本質的な意味において「SCMの目的」とは何か?
    6. まとめ
  • 第3回:最先端のSCMテーマ『S&OP』(1) [掲載日:2015.1.22]
    1. S&OPとは?
    2. 今なぜS&OPが求められているのか?
    3. S&OPで実現される業務要件
  • 第4回:最先端のSCMテーマ『S&OP』(2) [掲載日:2015.1.29]
    1. 事業目標管理におけるS&OPの対象領域
    2. S&OPを実現するための肝は?
  • 第5回:SCM精度確保のキー:『ブルウィップの克服』 [掲載日:2015.5.14]
    1. 今回ブルウィップ効果を取りあげる理由
    2. ブルウィップ効果とは?
    3. ブルウィップ克服の方向性
    4. ブルウィップ克服の条件
    5. ブルウィップ克服の組織:SCMセンターについて
  • 第6回:SCMには適切な評価指標がない! [掲載日:2015.8.7]
    1. 「SCMには適切な評価指標がない!」を、なぜ取り上げるか?
    2. なぜ、「適切なSCM評価指標がない!」と言えるか?
    3. SCM評価指標としての要件と現在よく使われているSCM指標の評価
    4. 適切なSCM評価指標がないことで発生する製造業の問題
  • 第7回:SCM効率を評価するKPIの新提案 [掲載日:2015.12.25]
    1. 前回お伝えしたこと、そして今回お伝えすること
    2. サプライチェーン・マネジメントの目的・目標
    3. 新提案のKPIが、SCM KPIの要件を満たしていること
    4. 面積原価を導入すると何が変わるか?
    5. 面積原価によるSCM改革・改善の方針
    6. 最後に

筆者略歴

氏名 :  小山 太一
所属 :  株式会社エクサ コンサルティング推進部

SCM戦略・構想策定、SCMシステムの設計・構築、主にAuto系、精密機械系のお客様の業務改革ご支援を中心とした専門コンサルタント

コンサルタント 小山 太一

略歴

1978年   日本アイ・ビー・エム株式会社入社
  • お客様担当のSEとして、製造業のIT化の提案・導入支援
  • 生産管理パッケージの導入コンサルティングおよびプロジェクトマネジメント
  • コンサルタントとして、製造業のお客様へ業務改革・IT化のコンサルティング
2013年   株式会社エクサ入社
  • 製造業お客様を中心にSCM改革のコンサルティング実施中

主要コンサルティング実績

  • A自動車 グローバルSCM実行計画  (2013年)
  • B自動車 生産部品表改革構想  (2013年)
  • A自動車 グローバルSCM構想策定 (2008年)
  • C自動車部品 基幹業務構想策定  (2008年)
  • D自動車 購買改革構想策定  (2004年)
  • D自動車 購買改革システム要件 (2004年)
  • Eプリンター 生産改革課題解決  (2003年)
  • その他、実績多数

執筆

  • 「コストに時間のモノサシなし! だから製造業は儲からない」 -資源効率を最大化する「面積原価管理」-2014年4月 日刊工業新聞社
  • 「BTO生産システムの開発・導入マニュアル」(2001年5月 アーバンプロデュース)
  • 「『ザ・ゴール』の衝撃 - TOC(制約理論)の適用の可能性」 (企業診断2002年 No1)
  • 「MRPⅡ基礎講座 - MRPⅡへの批判と対応策」 (工場管理2004.No3 日刊工業新聞)

ソリューション・サービスについてのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

tel0120-934-863

受付時間: 平日9:00~17:00

※弊社休業日を除く

exa News 配信サービス

エクサの最新情報とセミナー案内

配信登録する