サーラグループの統合認証基盤を刷新

利便性向上とセキュリティ強化を実現しながら運用コストも削減

株式会社サーラビジネスソリューションズ様【導入事例】

導入背景・目的

統合認証基盤のあるべき姿に向けて

サーラグループの主要なシステムの利用者、および認証を一元管理する重要な仕組みである統合認証基盤は、2013年にリプレースの時期を迎えていました。
リプレースに際し、ユーザ/業務視点で、より洗練され、高利便性、高セキュリティと運用コストの低減が考慮された仕組みであることが求められました。


壁谷 宜哲氏

手作業でのユーザ管理は限界…

企業内では、入社・異動・職位変更・休業・退社といった人事イベントが頻繁に発生します。これを人事情報を基に手作業で管理するのは、かなりの工数が必要となる上に、設定ミスによるセキュリティ低下や人事イベント発生から反映までのタイムラグによるセキュリティ低下や利便性の低下に悩まされていました。
これらの課題を解決するため、今回の新しい統合認証基盤では、このようなIDのライフサイクル管理までをシステム化することを目指しました。

導入効果

  • 運用コスト30%削減

    問合せ対応工数の低減

    基本構想に則ったルールの策定により、ユーザからの問合せ数が低減されました。

    人事イベントへの対応作業削減

    ライフサイクル管理の機能を盛り込んだことにより、今まで作業で行っていた設定作業が自動化され、設定工数が100%削減されました。

  • 利便性向上

    24時間365日稼働の無停止システム

    無停止でメンテナンスも行えるシステムを実現し、システム停止による不便を解消しました。

    パスワード同期の実現

    ユーザPCのローカルキャッシュパスワードを含む全システムのパスワード同期を実現し、ユーザの混乱を解消しました。

    人事イベントの即時反映

    人事システムと連携させることで、人事イベントのタイムリーな反映を実現しました。これにより、組織改正直後から通常の業務が行えるようになりました。

  • セキュリティ強化

    内部統制強化

    ID管理の業務ルールを策定し、それに則ったシステムを構築することで、内部統制強化を実現しました。

    人為的ミスの撲滅

    手作業で行っていた人事イベントへの対応作業をシステム化することで、人為的ミスを撲滅しました。

導入ポイント

  • 統合認証基盤の基本構想策定

    現状の様々な課題を可視化し、その解決方向性を、効率的に短期間に整理できるエクサのID管理ディスカバリーワークショップ®を利用して、新しい統合認証基盤の基本構想としてまとめあげました。

  • ID管理の業務ルール明確化とシステム実装

    ID管理業務の起こりうるケースを全て網羅した業務ルールを策定し、それらを効率良く実現するシステムを構築しました。

  • 利用者から浮かび上がった課題への対応

    ID管理ディスカバリーワークショップ®でそれぞれの立場の担当者が持つ課題を浮かび上がらせ、新システムで対応すべき課題、ルール化することで解決すべき課題を整理し、全ての課題を解消しました。

システム概要

  • 統合ID管理システム IBM Security Identify Manager 6.0
  • 統合認証ディレクトリ Tivoli Directory Server 6.3
  • 統合認証ディレクトリの負荷分散 Red Hat Linux LB/HAアドオン

今後の展望

社内に乱立する様々なシステム毎にID・パスワードを覚えておき、認証を行うことはもはや限界に来ています。それを解決するシングル・サインオンの実現でより一層の利便性向上を目指しております。
また、マルチデバイス対応を視野に入れ、ワークスタイル変革に貢献することで、グループ全体の活性化を図りたいと思っています。
(壁谷 宜哲氏 談)

関連ソリューション

ピックアップ事例

事例・実績 TOP へ

ソリューション・サービスについてのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

tel0120-934-863

受付時間: 平日9:00~17:00

※弊社休業日を除く

exa News 配信サービス

エクサの最新情報とセミナー案内

配信登録する